2018年7月12日木曜日

カンニング竹山氏のツイートに賛否、考

2~3日前(7月9日)のネットの、J-CASTニュースで、お笑い芸人カンニング竹山氏が、西日本中心の豪雨被害の件でツイートし、報道に対して疑問を呈し、賛否があったことが載っていました。


記事を転載できないので、ツイートの簡単な説明ですが、

「西日本で80人以上亡くなって、あれだけ大被害が出ているのに、首都圏のメディアでは、報道特番をやらない。のんきに他人事みたいに、他のニュースをやっている場合ではない。」

というものです。

それに賛成する人も、否定的な人の意見もあるようですが、賛成の方が多いのかな?
「被災地にマスコミが押し寄せると、被災者の負担だ大きい」などの指摘もあるようです。




こういった意見は、以前から災害のたびにありましたね?
最近では、特に熊本地震の時の、マスコミー特にテレビ局ーの対応に批判が集中したのを思い出します。


この熊本地震の時、真偽不明も含めて様々な批判がありました。
⇩に挙げます

取材禁止の避難所前の生中継中に、地元住民にブチ切れられた。
テレビ局のクルマが、被災者無視してガソリンスタンドに割り込み。
テレビ局が被災者のための食料(弁当)を奪う?
テレビ局クルーが豪華な弁当を調達していた。
限られたスペースの避難所駐車場に複数のクルマで、配給妨害。
避難所の被災者に強力ライトを照射した。
ヘリの音がうるさくて、自治体の有線放送が聞こえない。
その他さまざまな事例あり。⇨この辺にしときます。


イメージです:本文とは関係ありません

常総市で発生した水害では、マスコミのヘリが多くて、また救助のヘリに接近したりして邪魔だという批判がありました。


マスコミが行けば行ったで、余計なもめ事を持ってくると、批判が集中するのですが、行かなければ行かないで批判されるので、「マスコミもつらいよ」ということでしょうか。


被災地では、指揮系統が乱れていたり、被災者の方も(救助の方も自治体関係者も)不安で疲れて、睡眠不足であり、大量に押し寄せるマスコミには苛立つ気持はとても理解できます。


被災地の状況を全国に伝えるのは、マスコミの使命でもあるので、過去にはいろいろ問題もあったが、マスコミさんも学習していると思うので、節度のある取材と、被災地の人に敬意を表す態度があれば、理解されるのではと思います。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。


4 件のコメント:

  1. カンニング竹山氏のTwitterが何やら....と言うのは聞こえましたが、敢えて見ませんでしたがそういう事だったのですか。
    私的には賛同します。
    最近のマスコミ、特にテレビは、偶然現地に遣わされたレポーターが、自分の目前で繰り広がる出来事がこの世のすべてのように報ずる姿勢に疑問を感じます。
    勿論それも出来事の一つの側面ですが、まだまだいっぱいの側面が有る事を心得ながら発言して欲しいと思います。
    しかし、そのように偏ったレポートであっても、それが引き金で解消される場合もあるのですから、一概にマズイ事ではないのかも知れません。
    類似する観点として、カンニング竹山氏の発言が引き金になって、マスコミの偏向報道が軌道修正される事が望ましいと考えます。
    いずれにしても、最近のSNSで炎上とやらは好ましい風潮とは思えません。

    返信削除
    返信
    1. 呑兵衛あなさん、コメントありがとうございます。
      マスコミが被害の状況を伝えてくれるのはいいが、被災された個人にマイクを向けるのは、気の毒で見ていられないことがあります。

      削除
  2. 団塊じじいの私の感想は
    カンニング竹山 偉そうにに言うな。
    井上陽水が「傘がない」を出したのは1972年です。


    返信削除
    返信
    1. yasuさん、コメントありがとうございます。
      カンニング竹山氏の意見に賛否あるのもいいことだと思いました。

      削除