2018年4月16日月曜日

わたしの滋賀県

琵琶湖、伊吹山、彦根城、安土城跡、長浜城、甲賀忍者村

総持寺、比叡山延暦寺、石山寺、多賀大社、三井寺、近江神宮

大野治長、藤堂高虎、片桐且元、石田三成、浅井長政、井伊直、

最澄、藤原秀郷、佐々木道誉、大谷吉継、中江藤樹、伊東忠兵衛

近江牛、近江うどん、ふな寿司、鮎の佃煮、瀬田シジミ、近江茶

信楽焼、近江扇子、浜ちりめん、置き薬、麻織物、近江商人

近江兄弟社、びわ湖大津プリンスホテル、パナソニック草津事業所



滋賀県で思いつくまま並べてみました。
人名は、出身の方々で、思いついた方だけです。
企業を3社だけ挙げたのは深い意味はありません。


関東以北の方には、滋賀県は琵琶湖以外あまりなじみが無いかもしれません。


滋賀県は男性平均寿命81.78歳で日本一、1戸建て住宅増加率、光回線普及率、第二次産業従事者率、肉用牛農家の1戸当たり頭数は北海道を抜いて全国1位など日本一が多い県です。


もちろん日本一の琵琶湖があります。


この滋賀県は、じつは私の心のふるさとでもあります。


護良親王出陣図 ウイキペディアより

以前に 非業の最期、英雄・護良親王 という記事を書いたのですが、その護良親王、足利尊氏討伐の兵を挙げ出陣しましたが、無念ながら力及ばず敗退し、捕らえられました。


その出陣に従って、敗退した従者の一部の人々が、近江の国(滋賀県)にも落ち延び、私のご先祖の住み着いたところが、わたしのこころのふるさとであります。


まあ680年ほど前の伝説で、真偽のほどは不明ですが、ロマンがあります。
平家の落ち武者伝説の様でありますね。


ご先祖のお墓があるお寺が、滋賀県にあるのですが、なかなか遠いです。
現役中は京都にクルマで行くときに、寄ったりしたのですが、定年リタイアしてからは、まだお参りに行けなくて申し訳なく思っています。


新幹線で行くと、駅からかなりの距離で、タクシー代が高くて(;´Д`)
でも近いうち、また行きます(`・ω・´)キリ


ということで、現代の滋賀県は、大阪・京都のベッドタウンだけではなく、独自の文化と産業で発展している、素晴らしい県で、羨むばかりであります。



読者の皆様も、京都に行くときはぜひ滋賀県へも足を延ばすのはいかがですか?。

新潟県も良いところなのですがね(^^ゞ






今日も読んでいただきましてありがとうございます。