2017年7月31日月曜日

2017年7月の支出金額を公開します

こんばんは、KAZUKUNです。


決まり文句で何ですが、早いもので7月が終わり、もう8月ですね~。
8月もあっという間に終わってしまうのかな~?
それでは秋もすぐそこです。(・_・;)






エクセルでつけている、7月の支出計算をまとめたので公開します。
これを見ていろいろな感想があると思います。

「けっこう使っているね。」とか「意外と質素に暮らしているんだね。」とか「貧乏なんだね。」とかね・・・。
参考になれば、いいですね。(o^―^o)ニコ


家計 項目別支出
単位:円
住居管理費・積立金、駐車料
 29,200
水道・光熱費
 8,500
ネット・通信費
 12,300
クルマ関係
  5,500
食料品費
  59,800
外食費
  12,400
税金・雑費
  20,200
温泉費用(飲食含む)
  25,400
パーソナルケア・衛生費
  9,400
医療費
 10,700
衣料品費
  9,700
消耗品費
  4,700
交際費他
  11,000
旅行費用
    ー
 218,800
※基本的に支払いした月をその月の支出にしています。

クレジット引落の場合も、引落の月が支出月としています。

生命保険関係は現在入っていません。
これについては、改めて書こうと思います。
損害保険は入っていますが、支払いの月に記入します。

一応1カ月の支出を20万円(できれば18万円)以内を目標にしているのですが、いろいろ出費があって、なかなか難しいですね。


質素に暮らしている(つもり)なので支出はこんなところです。
食費つき2万円は無理の様です。


赤字の家計ではないので、こんな調子で行ければいいかなと思います。


黒字のお金を貯めて、旅行代金に充てます。(そのつもり)
海外旅行に行ける資金はいつ貯まるかが問題ですね (;´・ω・)





また海外にも行きたいですなあ~?


今日も読んでいただきましてありがとうございます。



にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月30日日曜日

東宝シネマに映画を見に行きました

昨日予約していた、東宝シネマに、トム・クルーズ主演の「ザ・マミー/呪われた沙漠の王女」を見に行きました。



映画 イメージ



東宝シネマの映画館は昨日より空いていました。
60歳以上シニア料金で、2人で2,200円です。ありがたいですね。









この映画は人気映画の「ハムナプトラ/失われた沙漠の都」と同じ元ネタである、1932年のホラー「ミイラ再生」のリプートのオリジナルだそうです。


トム・クルーズ扮する、米軍関係者であり、やや軽薄で金に目がない亡者?の冒険家(又は墓荒し?)が本当の邪悪な亡者に挑むというもの。
1962年生まれの55歳のトム・クルーズの、大丈夫か?というくらいのホラーアクションが見ものです。


沙漠、大嵐、ミイラ、呪い、甦り、ゾンビ、パニックと、このジャンルの映画に欠かせない場面が次から次と・・・。


ジキル博士という名前の役で、ラッセル・クロウが出演しています。
ラッセル・クロウは2000年の「グラディエーター」以来の(特に家内が)ファンであって、とてもいい俳優です。



グラディエーター イメージ


トム・クルーズとの共演は、始めて見ましたが、格闘シーンはなかなかの圧巻です。
それにしても、ラッセル・クロウ50歳を過ぎても、いい俳優ですね。


ただ最近凄く太ってきた(100㎏以上は軽くいってるのではないか?)ようで、アクションは大丈夫か? と心配しています。



今後もこのジキル博士の役名と、主なキャストで映画が続きそうで楽しみにしています。
ダーク・ユニバースのプロジェクトの始まりと宣伝しています。
(※ 往年のモンスター映画を連作として蘇らせることだそうです。)


この映画に興味がない読者にはつまらない投稿だったかな?と思います。
また、あらすじに関しては、上映中の作品なので省略しますね。



エジプト、沙漠のイメージ



今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月29日土曜日

🎥映画とテレビ、トム・クルーズは人気だな

久しぶりに土曜日、外に出てみました。
ちょっと買い物ついでに、家内のリクエストで、映画も見ようかなと、ここの所行ってなかった、イオンモールに行ってみました。



映画館 イメージ



7月末の週末なので、いろいろイベントをやっているのですね。
外は雨だったので、まずモールの中をぶらぶら散歩です。


イオンモールの中に東宝シネマの映画館が入っています。
トム・クルーズ主演の「ザ・マミー 呪われた沙漠の王女」が昨日から上映しているので、この映画が目当てなんですが、(;´・ω・)
家内が特にこの手?の映画が好きなのです。


券売機の画面で、予約を入力していったら、今日の夕方~夜は席がかなりふさがっていて希望の席がなかったので、今日の映画鑑賞はやめて、明日午後の予約にしました。


トム・クルーズの人気なのか、テレビの映画の宣伝がうまいのか、土曜で暇な人が多いのか、当日見れなかったのは初めてでした。
まあ楽しみは、また明日ということで・・・。


家内も私も、この系統のホラーやSFものが好きです。
映画はよほど見たいものしか、足を運ばなくて、この前映画を見たのが「X-MEN:アポカリブス」なので、今回は久しぶりです。






それで映画はテレビで放映するもの(録画)を見るのが多く、その他はBS258チャンネルの無料の海外ドラマで楽しんでいます。
定年リタイアのおじさんはこれで充分なのですが、おばさん(家内)がときどき映画を見に行こうと誘いますので、従うことにしています。






最近テレビはそれ以外は、ニュースを時々見る位で、他は殆ど見ないですね。


KAZUKUNのこんな1日でした。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。



にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月28日金曜日

脳外科病院に行ってきた件

こんにちは、KAZUKUNです。


今日は1カ月ぶりに、私のクルマの運転で脳外科病院に行ってきました。
家内の妹(以下義妹と書きます)がアルツハイマー型認知症で通院している、脳外科病院です。



病院 イメージ


クルマでないと不便な地域なので、やはり車ですね。(;´・ω・)
図が書けないので、距離を説明しますと、拙宅~義妹宅=20Km、義妹宅~病院=25Km、(拙宅~病院=5Km)


これでお分かりですが、病院は拙宅からの方が近いのです。
それで順序を説明しますと、

1)家内が8時にクルマで家を出て、義妹宅まで迎えに行って、支度をして拙宅まで戻り、今度は私の運転で病院へ、10時半ころ着。

2)20人位患者が来ていて、順番待って、診察が終わって薬をもらって、拙宅の近くを通って義妹宅まで。

3)それから拙宅に返ると、どこにも寄らなくても3時くらいになります。これで70Kmは走りますね。
これだけ走る通院手助けもなかなか大変です(・_・;)
まあ今のところ、とりあえず通院は月1回なので何とかなりますが。




病院待合室 イメージ



平日で義妹の息子(義甥)は仕事で会社、その嫁は脳こうそく治療中で、クルマの運転ができず外に出ない。


その脳こうそくの治療は同じ脳外科病院なのですが、義甥が休みの土曜日に嫁を病院に連れていくようにしていて、ここ2,3回先生の都合と薬の関係で、義妹は別の曜日(金曜)になって、止むを得ず私が運転で行っています。


次回か、その次くらいには、土曜日に2人一度で診てもらえるように、調整をしていますが、どうなるやら?


義甥とはあまり話をすることがないのですが、嫁と母親が病気で、平日休めないので、いろいろとストレスが溜まっているものと思っています。
こじらせると家庭崩壊になってしまうかも知れない問題を抱えています。


やはり家内も「大事な妹」なので、できる手助けはしてあげたいといいます。
それでも我々も一応高齢なので、今後どうなるやら。





月日が経つほど、義妹(の家族も含めて)のことも、自分達のことも考えなくてはならないことで、前途多難といえますね。
高齢になってくると、自分や周りに、高齢が故の悩みがだんだんと増えてきます。


私の妹の旦那(義弟)もがんで入院していて、先日とりあえず退院したのですが、抗がん剤を使えないほどの状態なので、不安も募っています。
私を取り巻く「病気」の現状でした。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。



にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月27日木曜日

「一寸先は闇」の世界

今日の投稿の題名の、「一寸先は闇」という言葉は、政治や相場でよく使われる言葉ですが、今日はそれを地で行く突然の辞任劇でした。


稲田防衛大臣の辞任意向固めた報道と、蓮舫民主党党首のこれまた辞任意向表明で、”晴天の霹靂””寝耳に水”ですが、こうなることは、予測のつくことではあったといえます、お二人とも状況は違うと思いますが、追い込まれたということで、やはり政治の世界は「一寸先は闇」ですね?


両氏とも部下や幹事長が辞意の意向なのに、トップがそれで(辞めなくて)いいのか?という声があったとも言われているそうです。
KAZUKUNとしては、想像するしかないのですが。






蓮舫氏のことは昨日書いたので今日は省きますが、稲田氏は最初防衛大臣に任命されてから今日まで、頼りない感じが出ていて、残念ながらいいところがなかったといえる大臣となってしまいました。
省内では辞任は「予想通り」という醒めた声が多いそうです。


最初の頃、民進党の辻元議員に、国会質問で詰め寄られて泣いてしまったように見えたときは、「悔しかったのだろうが、頑張ってもらいたい。」とエールを送ったりしていたのですが、今になって思うと、防衛大臣の資質がなかっただけ、頼りないだけの人だったのかな~と思わざるを得ません。


こんなことで、自民党政権の力が落ち、野党も何が何だか分からなくなって、政治不信で、日本の政治はどうなっていくのか?
北の隣の国が、又ミサイルを飛ばそうとしているこの時期に・・・!
まさしく「一寸先は闇」です。






「一寸先は闇」といえば団塊の世代の我々も、「一寸先は闇」の人生かも知れません。
体調が悪くて病院に行って検査したら、重大な病気の疑いで、「急いで精密検査の検査入院をしてください。」などと言われたら、それこそこれが「闇」の始まりかも、ですね。


自分の若いころは、「前途洋々」などと勘違いして、思っていた時もあったのですが、これからは、本当に「一寸先は闇」を実感していくかも知れません。


話が飛びすぎて失礼!


今日も読んでいただきましてありがとうございます。



にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月26日水曜日

参院予算委員会「国会をなんだと思っているのか」??

民主党党首の蓮舫さんの二重国籍疑惑は、18日に資料を提示して、党本部で記者会見を行った後、終息しているように見えます。
しかしネット上ではまだまだ収まっていないようです。


そんな蓮舫さんですが、昨日の参院予算委員会・閉会中審査で、安倍首相の答弁が過去の発言と矛盾するとして、「国会を何だと思っているのか、」と厳しく批判しました。





私もこの場面を録画で見たのですが、お顔も舌鋒も鋭かったですね。


この言葉は、まだ蓮舫さんの二重国籍問題の説明は、過去の発言と矛盾しているのではないかと思っている私にとっては、とても違和感のある
発言でした。


国会は「神聖なところで、間違った発言をするな!」 というのだと思いますが、ネットでは蓮舫さんが民主党政権時代の行政刷新相のときに、国会議事堂で、ファッション誌の撮影会をやったことを指摘しています。


今はやりのブーメランとして戻ってきているようです。



「国会を何だと思っているのか。」という前に「国会議員とは何だ。」と胸に手を当てて考えていただきたいなとも思いました。


他の議員ですが、民進党の桜井という議員は、いままで民進党ながら評価できる印象の議員だ、と思っていたのですが、山本大臣に「もう答弁は結構だ!出て行けよ!」とか「出てくんなよ。」と激高した発言をしたのを聞いたのですが、なんだこの議員は、と耳を疑いましたよ。


いくら大臣の発言や、立ち居振る舞いが気にいらないといって、その言い方はアウトだなと思いました。
野党が出席を求めた大臣に対して、大変失礼な議員だなと。


民進党はこのような議員しかいないのかと心配になりました。


政治の話題はここのところあまり書いていないのですが、今回思ったことを少し書いてみました。


「加計学園問題」自体には、あまり関心がないのですが、この日本社会の将来には関心があるので、ブログにはあまり書かないですが、政治には関心を持って、国会中継は時々見ています。

国会閉会中にせっかく予算委員会をやるのだったら、もっと政策論争をやってもらいたいと想うものです。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月25日火曜日

旅行のことや思い出など

会社に勤めていた、定年前の頃には、
会社を定年でリタイアしたら、好きなだけ旅行に行けるかなあ~?
海外旅行にも行きたいし、クルマで日本中を回りたいなあ~(^^;)








そんなことを思っていましたが、実際に定年になってみると、そう旅行ばっかり行ってられないことに気づきました。(;´・ω・)💦  遅い!


年末年始やゴールデンウイークを外して、旅行に行けるので、それなりに、そこそこ行ってはいるのですが・・・。


旅行に行ったつもりで、旅行の本やよく旅行会社から送ってくるパンフレットも良く見ますね。


ブログ村などで、私と同じカテゴリー(団塊の世代など)に登録している、ブログもよく拝見しますが、旅行のことを書いているブログに目がいきます。


今日拝見した「さかやんのつれづれ日記」も「60歳代」に参加されているブログなのですが、今までバイクや車中泊などで行かれた全国の130か所以上の旅の記事をまとめて1つのブログにされていました。
http://piston19.blog.fc2.com/blog-entry-159.html


これだけで1冊の部厚い旅行記の本になるボリウムです。
私が行ったことがある所も多くあり、興味深く読ませて頂きましたが。とても自分には書けないなあ~と、恐れ入ったところです。


また今日も、「旅に行ってみたいな。」思ってしまいました。


私が初めて海外旅行に行ったのが、1995年の暮れからのニューヨークでした。
その時泊まったのがセントラルパークに面したメイフラワーホテルです。残念ながら2004年に廃業したそうです。映画「ローズマリーの赤ちゃん」の舞台になったホテルで、ジョン・レノン事件のダコタアパートのすぐそばにありました。
・・・現場を見てきました。(;´・ω・)



いやー旅って本当にいいもんですね! (故水野晴郎調)


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月24日月曜日

ブログについての雑感

このブログは3月から、日本ブログ村ランキングと、人気ブログランキングに参加しています。
 





この本文の左下と、右のサイドバーにランキング会社のリンク用バナーが貼ってあるのでわかると思います。


このブログの記事を読んだ読者が、そのバナーをクリックすると、リンク先の、ランキングの会社のページにアクセスするようになっています。
そのとき、そのブログにINイントが10ポイントつくようになっています。


このINポイントが多いブログ程、ランキング上位に来るということです。
またブログランキングに参加できるカテゴリーが1つ又はいくつか選べます。
そのカ
テゴリーの振り分け率によって、ポイントの数が決まってきます。


日本ブログ村で説明しますと、このブログを「シニア日記」というカテゴリーの中の、「団塊の世代」と「60歳代」というサブカテゴリーに登録しています。


最初は「団塊の世代」だけに登録していたのですが、だんだんランクが上がってきて、1ケタの上の方に昇ってしまいました。
それでもう1つの「60歳代」というサブカテゴリーにも振り分けて、落ち着いています。


もう1つの人気ブログランキングも、同じようにそのような経過になったので、2つのカテゴリーに割り振りしました。(^^;)






私の性格上、あまり目立つのは好まなく、上位過ぎるのはどうも落ち着きがなくなってしまいます。(;´・ω・)
10位から下くらいがちょうどいいですね。


ブログのランキングに参加してから、確かに急に訪問していただく人が増えました。
画期的で、経験してみないと解らないと思いますが、面白い経験でした。
今でも最も多くの読者が、ブログのランキングからの、訪問です。


これからは、ヤフーやグーグルの検索から訪問していただけるようにやってみようと思っています


ブログのランキングについて私の雑感を書いてみました。
ちょっとわかりにくい文章ではなかったかと思いますが、そうでしたら、悪しからず、よろしくお願いします。(-_-;)


いづれにしても、せっかくブログを公開しているので、訪問してくれる人が多いほど張り合いが出ることは、間違いないです。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング



2017年7月23日日曜日

読書感想 文豪と暮らし

私のブログではあまり人気のない?かも知れない読書感想ですが、めげずに書きます (`・ω・´)キリ


書名     文豪と暮らし ~彼らが愛した物・食・場所~
企画・編集  開発社  
発行     創藝社  2017年6月刊






本が好きな者にとっては、作家の作品だけではなく、その作家の生い立ちや境遇、愛したもの(道具・食べ物)や、場所とか宿にも興味が湧く人も多いかと思います。


この本はそういった人の、好奇心を満たしてくれる1冊かもしれません。
私の好奇心も満たしてくれました。 

この本の中に47名の文豪の愛したものが、3章立てで掲載されています。

第1章  文豪が愛した
第2章  文豪が愛した
第3章  文豪が愛した場所 


掲載されている文豪は生年の早い方から、江戸時代末期の福沢諭吉、小泉八雲から、大正の終わりの遠藤周作、三島由紀夫まで47人です。
文豪といえば、私はすぐ夏目漱石をイメージしますが。


この本の中で、印象に残った文豪のエピソードを書いてみますね。
最初の1人目

森鴎外 ⭄ 青春を過ごしたドイツの思い出のビイルジョッキ

20代の頃ドイツに留学していた森鴎外は、ドレスデン滞在中の明治19年、24歳の誕生日に、ウイルヘルム・ロートというザクセン軍事医部長から送られた、日付と名前入りの特注のビイルジョッキを、生涯大切にし帰国後は書斎に飾っていたそうです。


現在は文京区立森鴎外記念館に所蔵されているそうです。
この展示品の写真は本に載っていますが、ここでは著作権もありますので掲載でき無いのが残念です。(;´・ω・)


イメージとして代わりに我が家の、ドイツのビールジョッキの写真を載せます。
悪しからず、よろしく。

拙宅に飾ってあるビールジョッキ 40年位前のWest Germany(西ドイツ)製です

ただずーっと飾っていただけだったので、今日は懐かしくて、昼に(KAZUKUN特製のおいしい(;´・ω・))うどんを食べた時に、使ってみました 😄


次は太宰治の黒マントかな?
これは青森県五所河原市の太宰治記念館「斜陽館」に所蔵されているそうです。


マントというのは現代ではほぼ誰も着ないので、イメージが湧きませんか?
これもこのブログに掲載できませんので、下の写真でイメージしてください。

「えーっ!、ぜんぜん違うじゃん!」という声も聞こえてきますが、ご愛敬で(^^;)

バットマンの黒マント イメージ

昔の学生は黒いマントを着ていた写真が残っていますね。
宮沢賢治のイメージもありますが、彼の作品の「風の又三郎」にもマントを着ていた記憶があります。


その他では、三島由紀夫の、新橋にある老舗料理屋・末げん。
この店で三島は1970年11月24日に最後の晩餐をとったそうですが、食後帰る、その時のエピソードが、哀しいな。😥


また、徳富蘆花の最期の宿になった、伊香保温泉の千明仁泉亭。
この宿での、兄徳富蘇峰とのエピソードもいいですね。


このように47話で、文豪が愛した物・食・場所が紹介されています。
本が好きな人にはお勧めです。(o^―^o)
私も小説より面白かったかな? という感想です。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング


2017年7月22日土曜日

コメント欄についての続きです(;´・ω・)

昨日に続いて、Bloggerブログのコメント欄についてです。






このブログのコメント欄は、場所を「埋め込み」にしてあります。
「埋め込み」は、読者がコメントを投稿するときは、「コメント」をクリックして、コメント欄を表示させるものです。


以前からBloggerブログは、コメントがしにくいという”声”を、ネットで聞いた(見た)ことがありました。
自分でログインしていない状態でコメントしてみましたが、確かにしにくいし、できないときもあります。


それで素人なりに、Bloggerのコメントについて調べてみました。
基本的にプラウザは、パソコンのグーグル・クロム(Google Chrome)が投稿はできるそうです。


Google Chrome のロゴです



その他のパソコンのプラウザで、インターネットエクスプローラー(IE)、ファイヤフォックス(Firefox)、サファリ(Safari)などでは、投稿できない場合も多いそうです。時々できる。


ガラケー(携帯)やスマホ(Android)やIphoneでは、投稿はほぼ難しいということです。時々できる。
「何だ、殆どできないじゃん!?」という声が聞こえます(;´・ω・)


確かにこれではコメントしにくいですね?
申し訳有りません <m(__)m>💦


このコメントできない原因(理由)を調べてみますと、そもそもBloggerブログが、アメリカ・ヨーロッパ仕様になっていて、こちらでは(というより世界的に)匿名のコメント自体が少なく、匿名の習慣が余り無いことによるということがあるようです。


コメントでも、ネットでの発言には匿名性に、制限がかかっているのではないか、と言う指摘などもあるそうです。
それで特にスマホでは、Bloggerへの書き込みに対する制限が強いのかもしれないのかな?
(以上、確かなものではないので、悪しからずお願いいたします。)

元々欧米のGoogleさんの仕様なので、このブログを無料で使わせていただいている以上は、日本でも、この仕様に合わせなければならないでしょうね。


いろいろ書いたのですが、ご理解をいただけたら有り難いです(-_-;)

でもBloggerブログは、いい機能が沢山あり、私には、シンプルで、使いやすく、お気に入りでお勧めのブログなのです。(o^―^o)ニコ


他にも新しい発見などありましたら、またご報告申し上げます、はい。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング


また眼科に行きました 土曜の朝から・・(;´・ω・)

こんにちは、眼科には縁のあるKAZUKUNです。



目のイメージです(^_^;)



2~3日前から右目がちょっとおかしくなっていました。
目やにが出て、目がごろごろ、目の表面に膜っぽいものがかかったようになってきて、昨日からは白目(結膜)が充血してきました。
”目の疲れ目・かすみ目”の市販の目薬では効きませんでした (・・;)



今日は土曜日で眼科が混みそうなのですが、月曜日迄待つと、もっとひどくなりそうな予感がしたので、朝9時の診察の30分以上前に、白内障を見てもらっている眼科に行きました。



2番目の受付(^▽^)/ 
そのあと9時くらいまでに20人位来ました。



診察の結果、「(あなたの病気は)ウイルス性結膜炎ですね。ただ角膜の方はきれいなので、そんなにひどくはないようです。この点眼薬を1日各4回点眼して、1週間くらいしたらもう1回見せに来てください。」と点眼薬2つの処方箋を書いてくれました。






このウイルス性結膜炎は感染性が強いということで、診察終わっての会計受付窓口ではありませんでした。(-_-;)


別室で看護師さんが会計してくれました。 3割負担で ¥1,320
さすがにゴム手袋はしていませんでしたが。
うーむっ、複雑な気持ち。この結膜炎も立派な?感染症ですね。
逆に考えると、管理がしっかりした、ちゃんとした眼科で、安心です。


薬は薬局で、点眼薬各1本で 計¥590 (3割負担で)



こんなチラシをもらいました (上の部分一部)



他人様にうつさないように、しばらくおとなしく生活します。
それにしても、どこからウイルス性結膜炎をもらったのかなあ~(・・?


今日の午前中は、こんな感じでした。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村

人気ブログランキング